秘境・宇津江四十八滝の紅葉

約800ヘクタールを有する県立通常公園ひとつの渓谷沿いには高低無数の滝があり、総称して宇津江四十八滝(うつえしじゅうはちたき)と言います。
急峻な谷あいを数々の滝が落下する様態を、四季ちょくちょくの通常と共に楽しめます。
四十八滝川の出所は猪臥山の山腹約1300m界隈にあり、谷あいの大樹や岩をぬって四十八滝を形成してある。

滝の最上部に居残る上平滝までは約880mあり、所要時間は約1時間だ。
名づけられた13の滝の取り分け王滝は高さが18.8mあって、回る人々はそのすさまじさに圧倒されます。

園内は走り抜けやすいように石畳位が整備されてあり、 ゆっくりと散策することができます。
断然渓谷沿いは、ブナ、ナラ、クルミ等の大木が茂り、貴重な山々草も見られ通常ウォッチングが楽しめます。

高低の滝が様々な格好を見せ、途中の青写真テーブルからは雄大な通常ビューティーを見込める。
飛沫をあげて落下する滝群は四季時々に装いを変え、断然秋には、木々の紅葉といった滝のコントラストで格別の美しさを見せてもらえる。

また近年では、冬の氷ついた滝を見ようと、スノーシュー等で訪れる奴が増えています。

インフォメーションの近くには、渓流ってナラ林に囲まれたログハウスのバンガローが整備されたキャンプ場所や、花の森山野草花園が併設されてるので、四季として家族で楽しめるオススメスポットだ。

紅葉の見ごろは10月々中旬から10月々下旬にわたってで、紅葉イベントなども了見されていますので、お問い合わせのうえ正邪徒歩をお運び下さい。ミュゼ長崎の口コミ大公開!脱毛効果が実感できる美容脱毛専門サロン